トピックス

2015年3月20日

予算組替動議を提出、あらき議員が趣旨説明

厳しい時だからこそ市の財政力とマンパワーをくらし向上に振り向けよ

予算組替動議の趣旨説明を行うあらき由美子議員横浜市議会は20日、2015年度予算に対する採決が行われました。採決に先立って日本共産党は予算組替動議を提出し、あらき由美子議員がその趣旨説明を行いました。

組み換えの主な内容は、不要不急の大型公共事業の凍結・中止等の見直しで捻出した市債と一般財源の合計182億3,000万円を、中学校給食の実施、特別養護老人ホーム建設の200床追加、防災行政無線の設置など8事業に充てるというものです。
中止、凍結等をする事業・施策は、カジノ誘致・新市庁舎建設、海外視察と費用弁償、不要不急の横浜環状北西線・南線整備事業、大都市制度の検討、中学校の業者弁当導入などです。

あらき議員は、組み替えの理由として、安倍政権による経済政策・アベノミクスで日本経済は好循環の局面に入ったと政権与党は盛んに吹聴しているが、多くの国民の暮らし向きは消費税の引き上げや社会保障の全面的切り下げで、厳しさが増すばかりだとして、「こういう時だからこそ、市民の暮らしが良くなるよう、その財政力とマンパワーを振り向けることが、いよいよ重要」と述べました。そして、必要性が高く市民の要望も強い事業を行うべきだとして、予算の再提出を要求しました。

採決の結果、日本共産党以外の反対多数で否決となりました。

◎討論の全文はこちらをご覧ください。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP