発行物

2015年5月27日

FAXNEWS ほっとライン No.444(2015年5月27日)

ほっとラインNo.444 本議会には、市長から48議案が提出されていますが、29日の最終日にはそれらの議案に対する討論、採決が行われます。討論時間は会派の人数にかかわらず15分間です。日本共産党からは、みわ智恵美議員が登壇します。
 みなさまの傍聴をよろしくお願いいたします。

議案反対討論 5月29日(金)午後2時から みわ智恵美議員(港南区)

主な討論内容(予定)
○市児童福祉施設及び市家庭的保育事業等の設備、運営等の基準条例の一部改正
国の基準改正に従って、保育所等の職員配置基準に、保健師、看護師、准看護師を保育士とみなすことができるとするのは、保育士と運営管理費の削減になりかねず、保育環境の低下につながる等。
○横浜市都心臨海部再生マスタープラン審議会条例の廃止
カジノを含むIRを横浜港に持ち込むべきではない等。
○公有水面埋め立てに関する意見書提出
複数の大型コンテナ船が同時に入港・接岸する可能性が低い中、南本牧ふ頭MC-4の岸壁延長を行うのは過剰投資であり、無謀である等。
○補正予算 新市庁舎整備事業
新市庁舎整備事業費が基本計画時の21.6%増の約749億円となることで、市民に負担の増加を強いることについての責任を感じるべき等。
○請願:労働時間法制の規制強化等を求める意見書提出
労働者のくらしと健康を守るため、労働時間規制の適用の除外や、「生涯派遣」につながる規制緩和を行わないことを求めるのは当然等。

◎ほっとラインはこちら「

」(PDF)をご覧下さい。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP