トピックス

2009年2月3日

党市議団が市長に公用車私的使用疑惑解明に向けての要望および公開質問

市長車の私的使用疑惑の解明を!

要望書を野村秘書部長(右)に手渡す(左から)白井正子、関美恵子、大貫憲夫、中島文雄、河治民雄議員 週刊誌報道に端を発した中田宏横浜市長の私的行動についてのスキャンダル。市民にとって、見過ごせないのは、公用である市長車の私的使用疑惑です。私人を同乗させ、遊興に使ったとしたら、言語道断の所業といわざるを得ません。
 議会に提出された市長車の運転記録によると、交際期間中といわれている2004年11月から2005年2月の4か月間、夜10時以降の車庫入れ日数は32日で、そのうち深夜12時以降が6日です。ちなみに2007年11月からの4か月間では夜10時以降は12日、深夜12時以降は2回です。回数の多さから深夜におよぶ公用の中身にも関心と疑念が生じます。
 市長車の使用が深夜に及べば、その運転手の残業手当が「タクシーの料金メーター」のように15分毎に加算されていきます。
 公用車の私的利用疑惑は、市税の流用と市政の私物化にかかわる疑惑です。
 日本共産党横浜市議団は3日、この問題解明に向けて、中田市長に対して、1.市長車の運転手に「交際相手」の同乗の有無について述べる公開の場を設けること、2.夜10時以降車庫入れした日の市長の行動スケジュール表を公開することを求めました。
 対応した野村秘書部長は「承りました」と要望書を受け取りました。

「公用車私的使用疑惑解明に向けての要望および公開質問」はこちらをごらんください。

今回の中田市長のスキャンダル問題とは・・・

 中田市長と不倫関係にあったというクラブホステス(当時)が、結婚が実行されずに精神的、肉体的苦痛を受けたとして、中田市長に対して慰謝料3000万円の支払いを求め、昨年12月に横浜地裁に提訴。 同女性によると、交際中だった2004年から約2年の間に、公用車である市長車に乗せてもらったことがたびたびあったといいます。
 なお、合コンで看護学校の生徒に暴行したなどの報道をした「週刊現代」に対して、中田市長は名誉棄損で刑事告訴の手続きを進めているといいます。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP