発行物

2015年9月18日

FAXNEWS ほっとライン No.448(2015年9月18日)

 ほっとラインNo.4489月25日、白井まさ子議員が議案に対する討論を行います。
ぜひ、傍聴にお越しください。

議案に対する討論 白井まさ子議員
9月25日(金)午後2時半過ぎ

主な討論内容(予定)
○マイナンバー制度関連条例案について
どのように対策を講じても情報漏えいの危険性が高い制度であること、市民や民間事業者の理解や支持が広がっていないこと、これらに対応するための市の負担が大きいことなどから、国に対して10月からの個人番号通知の中止、制度廃止に向けた議論を求めるべき。
○青少年交流センターの廃止について
  青少年の健全な育成を図るという施設の目的からしても、経費削減有りきではなく、現在の場所に建て替えて継続すべき。競馬・競輪場外馬券売り場があるビルに代替施設を設置するのは論外。
○請願:安全保障関連法案の廃案を求める意見書の提出
  日本を戦争する国にする安全保障関連法案は明らかに憲法違反であり、国に廃止を求めるのは当然であり、採択すべき。
○請願:所得税法56条を廃止する意見書の提出
  所得税法56条により、家族経営の個人事業主が家族や親族に給料を払っても必要経費として認められていないが、夫と共に事業をしている妻の労働だけでなく人格・人権を認めていないということであり、意見書を提出するのは当然であり、採択すべき。
○請願:教育水準を下げない取り組み
○請願:教育の質と教職員の意欲の確保

◎ほっとラインはこちら「ほっとラインNo.448」(PDF)をご覧下さい。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP