発行物

2016年2月10日

「こんにちは横浜市議団です」2.10号

横浜市2016年度予算案について見解
~安倍政治の忠実実行予算~

konnichiha日本共産党横浜市議団は、2月1日に発表された2016年度横浜市予算案について、見解を発表しました。
 予算案には、「国が推進する国家戦略特区や地方創生、一億総活躍社会の実現などと連携した施策を推進」と明記されており、アベノミクスの忠実な実行者の姿が見えてきます。

突出した大型開発事業費
 それを裏付けるように、施設等整備費は前年度比3%減ですが、大型公共事業は下のように大幅増です。

2016年度横浜市予算案

大型開発事業の突出ぶりは、高速道路、巨大ふ頭に限りません。カジノ誘致先として有力視されている山下ふ頭の再開発には、倉庫など既存施設の移転補償、用地取得費など135億円が特別会計として組まれています。また、カジノをふくむIR等の新たな都市づくり検討として、前年度と同額の1,000万円を計上しています。
 「エキサイトよこはま22」の横浜駅周辺のまちづくり費は10億円、市街地の再開発事業費は前年度比倍加の50億円です。
 総額749億円の新市庁舎整備費について、今年度は基本・実施設計などに17億円。推定事業費約300億円規模の文化体育館再整備には2,500万円投じます。みなとみらい21地区20街区での展示場・会議棟施設(MICE)整備費は5,000万円ですが、市の最終負担額は約500億円となります。
 一方、市営住宅など公的住宅提供は、前年度比3割減の24億円です。子育て世帯向け賃貸住宅の新規認定が230戸されるものの、市営住宅の新規建設はゼロです。

市民の声と運動で実現
 市民の声と運動のひろがりのなかで実現したものもあります。
 延焼危険地域での不燃化建物工事費の助成戸数のほぼ倍加、防災用屋外スピーカーの設置、子どもの貧困対策としての寄り添い型学習支援の全区実施、学童保育クラブでの常勤職員の処遇改善、救急隊の3隊増などです。
 これらは日本共産党議員団が議会で取り上げ、市民とともに求めていたものです。

予算議会開催中
 いま地方政治が優先して取り組むべき仕事は、安倍政権のもとで消費税増税、非正規雇用の拡大、年金・医療・介護・生活保護の切り下げ・負担増に苦しむ市民のくらし、福祉を応援することです。
 日本共産党市議団は、公約の実現と市民施策の拡充をすすめるために、予算議会で提案型の質問に心掛け、共同の輪をひろげ、予算組み替え提案をふくめ、全力をあげる決意です。
 横浜市議会が2月2日から3月25日までの日程で開催中です。多くのみなさんの傍聴をお待ちしております。

議会日程はこちら「議会日程(第1回定例会)のお知らせ」をご覧ください

◇週刊ニュース「こんにちは横浜市議団です」は、原則として毎週水曜日発行です。PDF版は下記からダウンロードして、ご自由にお使いいただけます。なお、ご使用の場合には市議団までご一報いただけると幸いです。
「こんにちは横浜市議団です」2016.2.10号(PDF版)

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP