発行物

2016年12月16日

FAXNEWS ほっとライン No.489(2016年12月16日)

ほっとラインNo.489 第4回定例議会が20日で閉会となります。最終日には、市長提案の36議案と請願14件等について、採決が行われます。
 採決に先立って、議案・請願に対する討論を行います。
 ぜひ、傍聴に起こしください。

かわじ民夫議員の質問時刻は14時過ぎの予定です。

主な討論内容(予定)
◯横浜市立学校条例の一部改正…反対
 釜利谷西小学校と西金沢中学校を西金沢義務教育学校に移行することは、義務教育学校の評価が定まらない中、早急すぎる。
◯地区センター等の指定管理者の指定…反対
 指定管理者制度は、事業職種に関係なく、期限を区切った限られた運営管理のため、継続しての雇用ができず、不安定雇用が必然的な制度である。その結果、職員の育成、業務の継続・伝承ができない。指定管理者制度の廃止を国に求めるとともに、市の公共施設への導入はやめるべきである。
◯2016年度横浜市一般会計補正予算…反対
 通学路の安全対策については賛成だが、教育委員会が要望の実施まで責任をもつべきである。
◯学童保育の充実・発展を求める請願…賛成
 子ども子育て新支援制度に伴って移転・分割が求められている学童クラブに対して、市の責任と財政的支援を強めることなどは当然であり、採択すべきである。
◯中学校給食の実施を求める請願…賛成
 子どもの貧困が問題となっている中、「ハマ弁」は給食の代りとはならず、横浜市でも中学校給食を実施すべきである。
 
■インターネット(生・録画)中継は「横浜市会インターネット中継」をご覧ください!

◎ほっとラインはこちら「ほっとラインNo.489」(PDF)をご覧下さい。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP