発行物

2017年6月5日

FAXNEWS ほっとライン No.500.2017年6月5日

2017年第2回議会 最終日

5000605第二回定例会の最終日には、市長提出議案と請願の議決、採決が行われます。党市議団を代表して、北谷まり議員が反対討論を行います。古谷やすひこ議員が急遽、議案取り下げに関わる質問を行います。

6月6日 午後2時開会

議案取り下げに関する質問

古谷やすひこ議員(鶴見区)

主な質問内容(予定)
○市立中学校で、2015年10月に野球部顧問の男性教諭が、部活で柔軟体操をしていた中学校1年生の男子生徒の背中を強く押し、坐骨を損傷させた問題で、和解に関する議案を提出した直後に同議案の撤回に至ったことへの見解。問題解決を学校まかせにして、市教育委員会が果たすべき仕事をしてこなかったことへの見解。

反対討論

北谷まり議員(保土ヶ谷区選出)

主な反対討論内容(予定)
○横浜スタジアムの管理運営を40年にわたって事業者にゆだねる横浜市公園条例の一部改正は、使用料決定などに議会が関与できず、公の施設管理のあり方として問題だ。
○民間大規模墓地建設をめぐり、反対する住民と墓地事業者が協議をしている中、開発内にある市道の廃止提案をすることは、市が事業者の計画を事前容認するものだ。提案時期がまちがっており、撤回を。
○現在24時間利用できる鶴見駅東口付近で唯一の市営公衆トイレが、京急鶴見駅高架下リニューアル工事で京急に無償譲渡される。これに伴い深夜間使用不可となることは、市民サービスの低下だ。
○福祉的な支援を必要としている市営住宅入居者への明け渡しと損害賠償の請求の提訴は弱者切り捨ての典型だ。
○女性差別である家族労働を必要経費と認めない所得税法56条廃止を求める請願を、横浜市議会は採択すべき。

◎ほっとラインPDFは下記よりご覧ください

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP