議会での質問(詳細)

2009年10月7日

【2008年度決算特別委員会】「港湾局」 白井正子

Y150で横浜港は軍港化、平和の旗を降ろしたのか

白井議員:Y150のイベント開催中、横浜港は、自衛隊や米軍の船舶で占領されて、自衛艦「しらゆき」、そして南極観測船「しらせ」、そしてイージス護衛艦「きりしま」、そしてヘリコプター搭載の「ひゅうが」に加えて、米軍イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」接岸された大さん橋は、軍港と化しました。
 いままで、公共バースに米軍船舶が着岸した例はなく、これは本市が平和の旗をかかげてきたことによるものと考えています。
 今回許可したことは、平和の旗を降ろしたことになりますけれども、いままでの局の姿勢に方向転換があったのかどうか、そしてまた今回許可すべきではなかったと考えますが、そして今後も米軍船舶が入港することになるのかどうか、3点について伺います。

川口港湾局長:今回の入港でございますが、開港150周年のお祝いということでみえたものでございまして、それを考慮して入港を認めたものでございます。
 また、許可した理由ということですが、開港150周年の今年には、世界各国から様々な船舶がここ横浜港へ入港して、祝福をいただきました。米軍艦船につきましても、海フェスタ横浜開催に合わせ、お祝いに駆けつけてくれたものでございます。
 それから、今後の入港許可というお話がございましたけれども、今後の入港については、現在のところ予定はございません。入港の話が生じた場合には、その目的と船舶の形状等を精査した上で、市として適切に対応していくべきものというふうに考えております。

白井議員:平和な商業港としての発展のために、港湾局としては平和の旗をより高く掲げていただくことを要望して、終わります。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP