トピックス

2018年9月7日

横浜市で、唯一『中学校給食』(NKランチ)を実践(試行)している学校を視察

 9月3日(月)日本共産党横浜市議団(代表して、あらき由美子団長、古谷やすひこ、白井まさ子両副団長、みわ智恵美議員)は、横浜市内で唯一、小学校の給食施設を使って、注文した中学生に対して昼食を提供している学校・西金沢学園を視察し、試食しました。党金沢区政策委員長の明石ゆきお氏も同行しました。

 西金沢学園は、2017年4月に開校した小中一貫の義務教育学校で、小学生と中学生が同じ敷地(建物もつながっている)の中で学んでいます。

 開校する際に、保護者から「小学生に提供している給食を中学生にも提供して欲しい」と要望を受けて、週に2回、注文式で小学校で提供している給食と同じメニューのものを中学生に試験的に提供しています。量は小学3~4年生の1.3倍。通称「NKランチ」。値段は、520円(牛乳なしだと480円)です。

注文方法は、月初めまでに、投函ポストに申込書を投函し、代金は振り込みか現金でも払えるようになっています。

 西金沢学園では、「ランチルーム」があって、中学生の全学年がそこで昼食をべます。小学校の給食室でできあがった「給食」を委託業者さんが配膳します。「NKランチ」を注文した生徒には、事前に教室で引換券が配られます。

この日は、「給食」を注文した生徒は7割。家庭弁当は3割でした。「ハマ弁」を頼んだ生徒はゼロ、教職員が6個ほど注文していました。

NKランチは残食が少ないと聞いていましたが、この日も食べ残しもほとんどありませんでした。

古谷副団長は、「西金沢学園ではハマ弁は選ばれていない。給食が選ばれている。ハマ弁のこれ以上の「改良」による無駄遣いは許されない。一刻も早く、中学校給食の求めていく」「市教育委員会の試算では市内の3分の2の中学校で、親子方式(近隣小学校の調理室で調理、中学校に提供)が可能だとしてる。工夫しだいで中学校給食の実現は可能だ」と述べました。

左から増田 昌浩校長 みわ、あらき、古谷、白井議員、明石氏

写真① 左から増田 昌浩校長 みわ、あらき、古谷、白井議員、明石氏

IMG_9341

写真② 配膳されるNKランチ

IMG_9223

校長先生からヒヤリング

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP