発行物

2018年11月20日

山下公園で「カジノ反対」市民集会 こんにちは2018.11.21号

山下公園で「カジノ反対」市民集会

誘致反対の明確な意思表示する市会議員を増やそう

こんにちは18.11.21 11月18日(日)、山下公園で「横浜カジノ誘致反対!ヨコハマ市民集会」が開かれ、約250人が集まりました。主催はカジノ誘致反対横浜連絡会。
 日本共産党からは、はたの君枝衆院議員、古谷やすひこ市議団副団長(鶴見区)が連帯の挨拶を行い、かわじ民夫議員(旭区)、明石ゆきお(金沢区)、植木まりこ(栄区)、しいやたけし(中区)、あさか由香(参議院神奈川)の各氏、立憲民主党・民友会の真山勇一参院議員が参加しました。
 集会では「横浜にカジノはいらない」シュプレヒコール、人文字で「カジノNO」を作り、アピールしました。
市民と野党が力を合わせ、全国どこにもカジノつくらせない闘いを
 はたの君枝衆院議員は、カジノ解禁によるギャンブル依存症の深刻化などの問題点を指摘し、「市民と野党の共闘でカジノは横浜にも全国にも作らせない、その声を大きく上げていこう」と訴えました。古谷やすひこ副団長は、カジノ誘致を止める方法は、「市長に誘致同意(手上げ)させないこと、もう1つは、議会が賛成しないことです。市長が同意しても議会の賛成なしにカジノはつくれません。(自民公明などの)カジノ推進議員を減らし、カジノ反対を明確に意思表示する議員を増やすことがカジノ止める確かな道です。市民のみなさんと力を合わせてカジノ誘致を許さない議会をつくりましょう」と訴えました。
(しんぶん赤旗11.19より一部引用)

◇週刊ニュース「こんにちは」は、原則として毎週水曜日発行です。PDF版は下記からダウンロードして、ご自由にお使いいただけます。なお、ご使用の場合には市議団までご一報いただけると幸いです。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP