トピックス

2019年5月23日

米艦船の民間施設での整備は2度とさせるな

横浜市で、国内初となる基地外での米艦船の整備が4/19〜5/10の期間におこなわれました。米艦船はイージス駆逐艦「ミリアス」、三菱重工業の横浜製作所本牧工場で整備されました。報道では、米軍側は今後も民間施設の活用を拡大する意向を否定していません。

5/22(水)、日本共産党神奈川県委員会、党横浜市議団は、防衛省と外務省に対して、基地機能の拡大につながる米艦船の民間整備中止と情報公開を申し入れました。

‪申し入れに対して、「民間企業と米軍の個別契約だから情報公開しない、基地機能の拡大・恒常化になるとは思っていない(外務省・防衛省)」「防衛大綱の方針に鑑みて意義がある。国内産業の基盤整備にも資すると考えている(防衛省)」と回答。

宇佐美さやか議員(神奈川区選出、市基地対策特別委員会副委員長)は、アメリカと諸外国の間で、有事が起きた際に、真っ先に狙われるのが米艦船。そういう危険なものが身近にきていることに市民は不安を抱いている。二度とこういうことが起きないよう国として米軍側に民間整備中止の要請をしてほしい。市民生活を脅かす危険を遠ざけるという防衛相の本来の仕事をしてほしいと強く求めました。

はたの君枝衆院議員は、「この問題で、外務省も防衛相もノータッチ、アンタッチャブルで良いのか。国民の立場に立ってほしい」と述べ、同席したあさか由香党県雇用・子育て相談室長は、「(国の)我関せずで、整備中止を求めるどころか国民の不安より軍需産業の利益を優先するかのような態度は許せません。地元市民に寄り添い整備中止を求めるのが政府の役割ではないでしょうか」と申し入れ後の取材で述べました。

申入れ

申入れ書を手渡す日本共産党

左からはたの君枝衆議院議員、かわじ民夫横浜市議、あさか由香氏、しいばかずゆき氏、宇佐美さかや横浜市議、みわ智恵美横浜市議

申入れ

申入れの全文はこちらです。

 

5.23日付け しんぶん赤旗記事

しんぶん赤旗.2019.5.23

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP