トピックス

2019年8月6日

ノース・ドックにおける自衛隊による米軍との施設警護共同訓練は中止を

申入れ

8月22日~23日にノース・ドック(神奈川区・米軍基地)において陸上自衛隊が米軍と共同で訓練を実施するとした情報が防衛相から寄せられました。

訓練内容は、「米軍基地内の巡察・車両検索及び不測事態対処等の機能別訓練」を陸上自衛隊40名程度で行うというもので、米軍の参加人員は公表されていません。この訓練は昨年も同じ期日に実施されています。

日本共産党横浜市議団(9人)は、林文子市長あてに、ノース・ドックの基地強化につながる共同訓練中止などを求める申入れを行いました。申入れには、松村岳利政策局基地担当理事ら3人が対応しました。

あらき由美子団長は、横浜市の市是は米軍基地の早期全面返還だが、ここ近年、横浜港の一番良い場所に残されているノース・ドックでは、市が規定している「港湾施設」という枠を超え、まるで軍事基地のような使われ方がされていると指摘。昨年4月オスプレイの陸揚げと横田基地への飛行、同年夏には日米軍事訓練(オリエント・シールド)に使用する武器類の搬出入の共同訓練が行われ、国内初となる米艦船の民間修理の場に横浜港が使用されたと述べました。

今回の訓練は、昨年に引き続き具体的な訓練内容も、米軍の参加人数も明らかにされず、市民に不安を与えるものであり、基地恒久化への強い懸念から到底見過ごすことはできないと強調。その上で、ノース・ドックの港湾施設から軍事訓練施設への基地機能強化のどんな動きに対しても、見過ごすことなく、ノーの意思を示し続けることが市是とする早期返還のためには不可欠だと述べ、下記の2点を申し入れました。

1、米軍の参加人員、具体的な訓練内容など本訓練に関する全容を横浜市民に公開すること。

2、ノース・ドックでの陸上自衛隊警護訓練実施は、基地機能の強化につながるものであり、中止すること。

松村担当理事は、この訓練は、ノース・ドックに不法侵入者が現れた想定で、その事態に自衛隊が「駆けつけ警護」で対応にあたるとする訓練と聞いている。これは自衛隊法に規定されているものなので、問題ないと認識している。現地を視察することも想定していないが、このような要請があったことは、国に伝えたい。市是である基地の全面返還を脇に追いやるつもりはない。具体的な訓練内容なども国に聞いていくと答えました。

申入れ文はこちらです。

申入れ

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP