トピックス 申し入れ等

2020年4月23日

新型コロナ対策の国まかせでない市独自の取り組み強化を(申入れ第二弾)

4月23日、日本共産党横浜市議団は、林文子市長にあて、新型コロナウイルスの抜本的対策を求める申入れを行いました。4月2日に続いて2回目となります。城副市長、田中健康福祉局長らが応対しました。

申し入れでは、下記の5項目、34件の改善要望を提出しました。

①すべての市民・労働者。事業者に、生活と営業が持ちこたえられる補償を速やかに実施すること(15件)

②医療崩壊を止めるため、検査体制の大幅拡充と医療現場への財政支援を行うこと(6件)

③介護や障害者への社会保障体制を守り、DV対策や児童虐待、外国人支援を行うこと(4件)

④小・中学学生への昼食支援や市職員の妊婦保護、公園や商店街などに於ける感染防止の啓発を強めることなど(8件)

⑤IRカジノ事業を中止し、コロナ対策に人員と予算を振り向けること(1件)

財源としては、2020年予算の抜本的な組み換えを行い、不足分は、国庫支出金の活用、財政調整基金・減債基金の取り崩しで捻出することを提案しました。

城副市長は、市独自の医療分野の支援策として、感染症・医療調整本部「Y-CERT(ワイサート)」を立ち上げた。Y-CERTには消防も入っていて、救急分野も視野に入れた調節ができるよう整えている。PCR検査の拡大については、民間への委託も進んでいる。しかし民間への委託を進めていけば、検査総数を掴むことが難しくなりジレンマを感じている。市役所・区役所内の感染拡大予防対策など、もう一度確認するなど答えました。

申し入れの全文はこちらから

第一段の申入れはこちらから

94707607_234006877688645_3871109909999255552_n94186813_2505819466336170_4506486167515955200_n

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP