発行物

2020年6月19日

6/23 コロナ対策補正予算案の審議にみわ智恵美議員が登壇します! ほっとライン

5770619 2020年第2回定例会(6月23日~7月7日) 開催されます。

6月23日(火)

午後5時すぎ

議案関連質問

みわ智恵美議員(港南区選出)が登壇します。

主な質問内容(予定)

コロナ対策第二次補正予算について

●困窮する地域医療へ財政支援を

・今回の補正予算では、コロナの影響で困窮する地域医療機関と医療従事者を救うことができない。市としても経営を守る財政支援を行うとともに、国に強く求めるべき。

●第二波に備えPCR検査体制の拡充を

・PCR検査を必要とする市民がすみやかに受診できる体制を質・量ともに構築し、感染流行の「第2波」に備えるべき。など

●こどもたちを感染から守り、学びの保障を

・こどもたちの状況に基づいたケアと学びの保障のために20人程度の少人数授業ができる人員配置を。

・先生方が教育活動に専念できるよう消毒作業などの負担解消の対策を。

・非登校の選択権を認め、明示し、非登校を選択したこどもの学ぶ権利を保障するオンライン授業など特別の手立てを。など

●危機的状況にある介護事業所に独自支援を

・コロナ対応で経営状況が悪化している介護事業所へ、昨年同時期実績の概算払いを認めるよう国に働きかけを。

・介護施設の大きな負担となっている感染防止の資器材の支給を行うべき。など

●国の家賃補助に市独自で上乗せし、中小企業を守る支援を

・国の家賃補助に市として上乗せしての支援を行い、街を支える中小企業・小規模事業者を守るべき

●不要不急の事業を中止し、予算をコロナ対策に振り向けるべき

・今回の補正予算編成にあたって、本予算から3事業、13億2,200万円が減額され財源に充てられているが、全く足りない。カジノIRや劇場整備など不要不急な事業予算は、コロナ対策に回すべき。

●ポストコロナを見据え、1日8万人のべ1500万人という会場が人であふれる国際園芸博覧会を見直すべき。

●コロナで大打撃を受けるパシフィコノース(MICE施設)の赤字補てんを市民に被らせることの責任について。

新市庁舎最初の議会です

ぜひ傍聴にお越しください

ネット中継・録画もどうぞ

こちらからご覧いただけます。
http://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/?tpl=select_livemenu_list

PDF版はこちら

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP