トピックス

2010年10月5日

かわじ民夫議員が決算特別委員会・市民局で質問

市のボランティア活動で利用の区役所駐車場は無料に

 2009年度決算特別委員会市民局の審議で、かわじ民夫議員が日本共産党を代表して、市・区役所の駐車場料金、地区センターの利用改善、行政サービスコーナーについて質問しました。

質問するかわじ民夫議員 かわじ議員は、区役所駐車場の防災訓練に登録している友人から、「行政の要請で防災訓練に参加し、区役所の駐車場を利用したら、料金をしっかり取られた。ひどいではないか」と言われました。交渉の結果1時間は無料になりましたが、このケースについて市民局長の見解を伺いました。
 それに対して、局長は、条例で「市の事業に関わるボランティアの方につきましては、駐車時間1時間までの利用料金を減免する」と定められていることに従った結果と答弁。

 かわじ議員は「市の要請で区役所の駐車場を利用した場合、無料にすべきではないか」と迫りました。局長は、「一言でボランティアといってその活動は多岐にわたっている」との答弁を繰り返しましたが、かわじ議員の「納得がいかない。減免の幅を広げることが必要ではないか」との追及に、「確かにボランティアの方が欠けると市の運営もなかなか成り立たないという側面もある。この要綱の適用に関して、今後適正にできるように検討していきたい」と答えました。
 また、民間駐車場が行っている最大利用料金制を区・市役所の駐車場でも導入することを提案しました。

 そのほか、地区センターの利用改善を柔軟性と即効性を持たせてさらに行うこと、市民の利用の多い行政サービスコーナーと同様の機能を有する証明発行コーナーを市民局が責任をもって身近に設置し、さらに便利にするよう求めました。

質問および答弁全文はこちらをごらんください。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP