発行物
2022年5月16日

5/18 議案関連質問にみわ智恵美議員が登壇します ほっとライン2022.5.16号

PDF版はこちらです。

2021.5.18ほっとライン

ネット中継もこちらからご覧いただけます。

2022年第2回定例会開催中

5/18(水)午後1時30分頃

議案関連質問

みわ智恵美議員(港南区選出)

主な質問内容(予定)
●「財政ビジョン」の策定について
財政ビジョンの策定は、市長の「3つのゼロ」や全員制の中学校給食などの重点公約実現のための財源を出していくためのものなのか。

市の財政を厳しくしてきた大規模開発事業の転換こそ求められることだが市長の見解を伺う。
●「横浜BUNTAI」(旧横浜文化体育館)について
市民の文化、スポーツの拠点とするならば利用料金は、旧横浜文化体育館と同等になるよう求める。
●「横浜市営交通審議会」の設置について
公共交通の赤字状況は、コロナ感染症の影響によるものであり、将来を見通せない段階での経営のあり方についての審議は拙速さを免れない。

審議会を設置するならば、各分野から一人の専門家からなる、定数5人の審議会では公正な答申は出せない。市民代表を入れ、委員の大幅増員を。
●議会の承認を得ず契約した1億円以上の「財産の取得」について
法や条例違反の事態を招いたことは議会軽視・財政の民主主義に反するのではないか。再発防止に係る重要な点は何か、見解を伺う。
●新型コロナ対策補正予算について
今こそコロナ感染拡大防止への啓発が重要。物価高騰で市民生活も事業者の経営も厳しくなっている。困窮している市民へ、市が独自に施策を打ち、国に対しては、消費税減税やトリガー条項の発動を求め、市民生活・小規模事業者を守るべきと考える。市長の見解は。


新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP