トピックス

2011年1月13日

子宮頸がん、ヒブ、肺炎球菌ワクチン接種、公費負担で実施に

 横浜市は、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブ(インフルエンザb型)ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン接種を、今年2月から全額公費負担で行うことにしました。これは、厚生労働省がこれらのワクチン接種を行う市町村に対して、緊急促進特例交付金を出すことによるものです。
 日本共産党は、これらのワクチン接種を公費負担で行うよう要望し、接種を求める請願にも積極的に賛成してきました。

 横浜市が行う緊急接種事業の主な内容は次のとおりです。
1. 対象ワクチン、対象年齢

vaccin1

2. 全額公費負担(国基準単価×0.9×1/2を国費、残りを市費で負担)

3. 2月から接種開始予定

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP