発行物

2011年3月9日

「こんにちは横浜市議団です」3.9号

ひきこもり、ニート・・・困難を抱えた若者のための経済的支援制度を
~関美恵子議員が予算特別委員会で質問~

0309b 横浜市は、ひきこもりや仕事についていないいわゆる「ニート」など困難を抱えている若者に対して、若者サポートステーションなどの施設(右参照)や横浜型若者自立塾などで、相談や就職をサポートしています。また、昨年4月の「子ども・若者育成支援推進法」施行後には、他都市に先駆けて7月に「横浜市子ども・若者支援協議会」を設置し、支援に力をいれています。

市役所上げて就労支援を

 日本共産党の関美恵子議員(左写真)は4日、予算特別委員会で若者の就労支援について質問。
 関議員は、困難を抱える若者がすぐには一般就労ができない場合に、職業訓練も兼ねて一定の賃金を得て就労する「中間的就労」について、協力する企業開拓などに全庁的に取り組むことや、当事者やその家族の意見を十分きいてニーズにあった支援を行うよう求めました。
 さらに、「交通費がないために相談機関にも通えない」「中間的就労で働いていても経済的に自立できない」といった若者や家族からの声に応えるために、経済的に支援する制度も検討する必要があるのではないかと質問しました。

 山田副市長は、関係局が連携して中間的な就労をはじめ、さまざまな課題に対応していきたいと述べ、こども青少年局長は、経済的支援については今後検討していきたいと答えました。

支援施設を視察し、就労支援の強化を要求

 日本共産党市議団は、横浜市仕事支援センターやジョブマッチングよこはまを視察。横浜市が企業立地促進条例などで助成している企業に、市内雇用を増やすなどの社会的責任を果たすことを市として求めるなど、就労支援に力を入れるよう、再三市に要求してきました。

若者の相談や就職支援施設

青少年相談センター
 
ひきこもりや不登校などさまざまな悩みについて、電話相談や来所相談、他グループ活動や家族勉強会などを通じ、青少年や家族をサポート。
横浜市南区浦舟町3-44-2中央児童相談所4階 ℡ 045-260-6615

よこはま若者サポートステーション
 若年無業者(いわゆるニート)や社会的ひきこもりの若者の職業的自立に向けて、プログラムを作成し、他の就労支援機関と連携しながら継続的な支援を実施。2か所あり。
よこはま若者サポートステーション:横浜市西区北幸1-11-15横浜STビル3階 ℡ 045-290-7234
湘南・横浜若者サポートステーション:鎌倉市小袋谷1-1-6 2階 ℡ 0467-42-0203

ヤングジョブスクエア
 就労に向けて、相談や、セミナーやワークショップ、野外活動などのプログラムで、就労に必要な知識やスキルを身につける。就労後も相談できる。
横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル2F  ℡ 045-316-1885

かながわ若者就職支援センター(神奈川県の施設)
 併設ハローワークと連携し、キャリアカウンセリングから職業紹介まで、若者の就職活動を支援。
横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル5階  ℡ 045-410-3357

ジョブマッチングよこはま
 横浜市内で働きたい人と市内企業を結ぶ無料職業紹介事業。
横浜市西区高島2-19-12 スカイビル19階LEC東京リーガルマインド横浜本校内  コールセンター ℡ 0120-945-451

困ったらまず電話を!

◇週刊ニュース「こんにちは横浜市議団です」は、原則として毎週水曜日発行です。PDF版は下記からダウンロードして、ご自由にお使いいただけます。なお、ご使用の場合には市議団までご一報いただけると幸いです。

「こんにちは横浜市議団です」2011年3月9日(PDF版)

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP