申し入れ等

2011年3月14日

東日本大震災に関わっての緊急申し入れ

2011年3月14日

横浜市長  林 文子 様

日本共産党横浜市会議員団
団 長 大 貫 憲 夫

 東日本大震災によって、東北地方の街と住民が壊滅的打撃を被っている状況とその実態が、徐々に明らかになってきています。
 いま、必要なことは、一刻も早い救出と被災者の救援です。一分でも早く、一人でも多くと祈願するものです。
 被災地では、全国から本市もふくめ、自衛隊、警察、消防、自治体職員が駆けつけ、救出・救援・復旧活動に当たっています。国外からも救援隊が現地入りしています。
 なお一層の自治体として物心両面から可能なあらゆる支援の手を差し伸べることが本市に求められています。また、横浜市民への影響も軽視できないものがあり、行政支援を待っている市民も少なくありません。加えて、本市での震災に備えた施策の充実も必要となっています。
 緊急的措置として次のことを申し入れるものです。

1.国、関係機関、被災自治体などからの要請には、積極的に応え、現地への救助・救援に万全を期すこと。また、本市の保有するマンパワー、技術力、資機材の活用など支援について積極的に提案すること。
1.復旧、復興にあたっても、同様の対応をとること。
1.被災住民の受け入れ先として、市営住宅を確保すること。
1.横浜市として救援募金活動を行い、その協力を市民に呼びかけること。
1.横浜での大震災に備えて、必要な対策を緊急にすすめること。とくに、住宅耐震工事助成制度について申請様式を簡略化するなどもっと使いやすいものに見直すこと。
1.不安にかられている一人暮らしの高齢者等災害弱者への訪問に市として責任をもつこと。
1.東電の「計画停電」に対して、医療機関及び在宅医療への影響を市として最小限に抑える手立てを市として講じること。

以上

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP