トピックス

2011年10月4日

【決算特別委員会】古谷やすひこ議員が道路局で質問

費用対効果の面からも都市計画道路・岸谷線建設計画は中止を

 4日に行われた横浜市2010年度決算特別委員会の道路局審査で、日本共産党を代表して古谷やすひこ議員が、都市計画道路・岸谷線建設計画について質問しました。

 50年以上も前にたてられた都市計画道路・岸谷線建設計画(鶴見区)は2009年度に見直しが行われましたが、これまでに土地取得費約27億円、金利負担約7600万円を費やし、今後約130軒の立ち退きなど莫大な費用が予想されるもので、地元では町内会あげて反対運動が起こっています。

 古谷議員は、「必要性、費用対効果、財政規律の面など、どこからみてもやめるべき事業」と主張するとともに、「市民生活に密着した生活道路予算を削り、無駄な道路建設優先させるような税金の使い方は間違っている」として、税金の使い方を変えるべきだと述べました。

 道路局長は、岸谷線は鉄道による地域分断の解消、踏切事故対策、災害時の避難緊急輸送路を担うなど、費用対効果だけで語れない必要な路線と述べました。

質問と答弁の全文はこちらをごらんください。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP