トピックス

2012年2月9日

市長と昼食会

思いは同じ、「潤いのある横浜に」

 日本共産党横浜市議団は9日、林文子市長と昼食会を行いました。毎年予算審議前のこの時期に開催しているものです。

 林市長は、厳しい財政状況ではあるが、市民のくらしを守るために選択と集中して予算を立てた、横浜市の将来、横浜市の子どもたちのために、忌憚のないご意見を聞かせてほしいとあいさつしました。

 岩崎副団長は、努力と工夫の予算であり、我々の意見を取り入れてくれた部分もあり、前向きの予算ととらえているが、問題点もあり、我々の立場から意見を言わせていただきたいと返答しました。

 お弁当は1200円の幕の内弁当で、もちろん自己負担。始めて参加した古谷議員は、「味がよくわからなかった」と残念そうでした。なお、大貫憲夫団長は、風邪のため大事をとって欠席しました。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP