トピックス

2012年5月24日

横浜市議会にごみ持ち去り禁止条例が委員会提案

賛否両論のごみ持ち去り条例

 横浜市第2回定例議会が5月31日から6月21日までの日程で開催予定です。
この議会に、温暖化対策・環境創造・資源循環委員会から横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の改正案が提出され、5月31日の本会議で即日議決されるもようです。
 改正内容は、資源物を登録業者以外が持ち去った場合に、持ち去らないように命じることができるとし、その命令に従わなかった場合20万円以下の罰金を処するとしています。 

 全国各地で、古紙やアルミ缶などの資源ごみが悪質な廃品回収業者などに持ちさられる被害が起きており、それを禁じる目的で「ごみ持ち去り禁止条例」が各地の自治体で制定されています。一方、ホームレスの人たちがアルミ缶を集めて換金して生活費としているという実態もあり、ごみ持ち去り禁止条例について賛否が分かれています。

 温暖化対策・環境創造・資源循環委員会が資源物の持ち去り対策について示した資料は、横浜市会ホームページのこちらをご覧ください。

 なお、この改正案を提出予定の温暖化対策・環境創造・資源循環委員会には、残念ながら日本共産党議員が所属しておらず、委員会での審議に参加しておりません。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP