トピックス

2012年7月13日

横浜市私立保育園園長会と予算要望に向けての懇談

保育の質を高めるために、研修への支援、給与体系の充実を

 日本共産党横浜市会議員団は13日、横浜市私立保育園園長会(佐野健一会長)と2013年度横浜市予算要望についての懇談を行いました。園長会からは佐野会長をはじめ8名の参加があり、市議団からは、あらき由美子議員、白井まさ子議員、古谷やすひこ議員が参加しました。

 園長会からは、保育士の研修実施への支援策拡充、保育士養成校への働きかけなど保育士確保策の充実、給与体系の構築など職員定着のためのキャリアアップを見込めるような仕組みづくりの構築など保育の質向上にかかわる要望等が出されました。

 待機児童解消は、「就労支援ではなく、子育て支援の視点が重要。園庭のない駅前保育園が増えているが、子どもたちが街中を散歩している姿はどうか」「人材不足はいよいよ深刻、パートや補助員頼みではなく、正規保育士の配置が望ましい、加配がやはり必要」などの声が出されました。

 また、DV、虐待への対応、集団保育になじめない園児など、今日的な課題に対しても協働、協力の強い意向が示されました。

 子ども青少年局を担当する常任委員会に所属する白井議員は、耐震補強工事対象園が拡充されたことを報告し、保育士出身の荒木議員は、公立園での非正規雇用と定員外入所問題にふれ、市の待機児童解消策の是正を強調しました。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP