発行物

2008年3月5日

「こんにちは横浜市議団です」3.5号を発行しました

080305.jpg 晩産化やさまざまなストレスの増加などにより、危険の多い“ハイリスク妊婦”が増えているといわれれいます。また、「貧困と格差」の広がりによって、経済的理由から健診を控える妊婦も増えており、健診を受けずにいきなり出産時に病院に飛び込む“飛び込み出産”が社会問題になっています。
 今回の「こんにちは」は、新年度予算で増えている妊婦健診の公費負担についてです。

 週刊ニュース「こんにちは横浜市議団です」は、原則として毎週水曜日発行です。下記からダウンロードして、ご自由にお使いいただけます。なお、ご使用の場合には市議団までご一報いただけると幸いです。

「こんにちは横浜市議団です」2008年3月5日号(PDFファイル)

<主な内容> 横浜市新婦健診公費負担 3回→5回、一方、東京の20区では14回、茅ヶ崎市でも8回

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP