発行物

2013年2月26日

FAXNEWS ほっとライン No.376(2013年2月26日)

2013年第1回定例議会が開催中です。2月27日には、予算関連質問と議員提出議案に対する討論が行われます。

多くの皆さんの傍聴をお待ちしております。

予算関連質問 岩崎ひろし議員
〇中学校給食の実施について
 新年度、神戸市が中学校給食の実施に向けた取り組みを始めることから、政令市で中学校の完全給食をやっていないのは横浜、堺、川崎の3市だけとなります。神戸でまとめられた「中学校の昼食のあり方検討会」のまとめを紹介しながら、市長に中学校給食の実施を迫ります。

◯防災計画、防災対策について
地震などの災害に対して我が身を守るすべを市民に身につけさせるために、新年度に作成する防災パンフレットをあらゆる場面で活用すること、木造住宅耐震改修補助事業と木造住宅密集市街地の延焼対策をもっとテンポを上げて進めること、本市の防災対策の基本姿勢を「人命被害ゼロをめざす」とすることなどを提案しながら、市長の姿勢を質します。

 

政務活動費条例の反対討論 あらき由美子議員
昨年9月に成立した地方自治法改正によって、政務調査費が政務活動費に名を改め、市会議員の「調査研究に資する」から「調査研究その他の活動に資する」に使途の拡大が可能になり、3月1日から施行となります。今回、この地方自治法改正に伴って政務調査費を政務活動費に変える条例案が、議会運営委員会から提案されます。
日本共産党は、名を変えようと使途は政務調査に限定すべきであり、「その他の活動」について、市民の意見を取り入れて慎重に検討する必要があると考えます。そこで、今回の改正は名称の変更に止め、「その他の活動」に何を含めるかを今後時間をかけて決定すべきです。

ほっとラインNo.376はこちら(PDF)をご覧下さい。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP