トピックス

2013年3月8日

白井議員が病院経営局審査で質問<2013年度予算特別委員会>

医師・看護師確保は副市長の責任で鋭意努力を

 病院経営局審査で白井まさ子議員は、脳血管医療センターについて質問しました。

脳卒中の急性期から回復リハビリテーションまでトータルサポートする脳血管医療センターは、横浜市の政策的医療機関として重要な役割を担っています。ところが、2012年度の病床利用率は目標が92%のところ、実績見込は65.4%にとどまっており、これは医師・看護師不足によるところが大きいものです。

白井議員は、新年度でも同じようなことになっては困るとして、全庁的に、副市長が責任をもって粘り強く、医師・看護師の確保に鋭意努力してほしいと要望しました。また、回復期リハビリテーション病棟での増床に伴って増員する理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士には、正規職員を配置するよう、求めました。

鈴木隆副市長は、医療職員の確保は全国的に厳しい状況にあるが、緊張感をもってやっていかなければいけないし、魅力的な職場であることをアピールしていきたいと答えました。また、理学療法士等について、病院経営局長は回復期リハビリテーション業務に限定するので、嘱託職員とすると回答しました。

◎白井議員の質問と答弁はこちらをごらんください。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP