トピックス

2013年10月11日

【決算特別委員会】あらき議員が水道局で質問

過大見積もりで造った宮ヶ瀬ダム建設に対してきちんと反省を

水道局審査で、あらき由美子議員は、相模川水系建設事業、および緊急導水に伴う費用負担の広域水道企業団への請求について、質問しました。

2001年に本格稼働した宮ヶ瀬ダムは、建設決定当時、横浜市の一日最大給水量を174万9000立方メートルと推計して建設されたものです。しかし、ダム稼働年の一日最大給水量は151万7000立方メートル、そして昨年度は126万8000立方メートルまで減少し、20年後の2033年度には100万立方メートルを下回る可能性があると言われています。これらの数字は建設決定当時の推計値が過大であったことを示していることから、あらき議員は、本当に宮ヶ瀬ダムを造る必要があったのかと質問しました。

水道局長は、宮ヶ瀬ダムにより県内のダムの合計貯水量が2倍となり、充分な貯水量を確保できたと答弁しました。

あらき議員は、水需要不足が伸びず、いまでも余っているという結果を受け止め、きちんと反省すべきだと述べました。

◎質問と答弁はこちらをご覧ください。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP