発行物

2008年8月6日

FAXNEWS ほっとライン No.233(2008年8月6日)

2330806.jpg  横浜市は、在宅で生活する身体障がい児・者や知的障がい児・者に、1973年から「在宅障がい者手当」を支給しています。今年度の対象者は5万5840人、総額18億7500万円の予算です。
 ところが、支給対象を精神障がいを含むきわめて重い障がい者に限定し、さらに所得要件を導入し、対象者を約5000人に減らし、総額を3億円に圧縮しようとしています。

 ほっとラインNo.233はこちら(PDF)をご覧下さい。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP