発行物

2014年2月19日

FAXNEWS ほっとライン No.406(2014年2月19日)

2014年第1回議会開催中

ほっとラインNo.406ただいま開催中の2014年第1回定例議会、21日には現年度一般議案に対する討論と決議、予算代表質問が行われます。ぜひ、傍聴にお越しください!

発言内容は、次のような予定です。

一般議案反対討論 午前10時頃 あらき由美子議員
◯特別職の秘書の職の指定条例(公務・政務を問わずに活動できる市長の特別秘書を指定する条例の制定)
政治的な活動を含む業務内容の秘書を税金でまかなうべきではない。課長補佐相当の報酬(年収約800万円)の根拠が不明瞭等。
◯民間移管に伴う保育所の廃止(2つの市立保育園を廃止)
民間保育所の規範となり、けん引する役割を担う市立保育所をこれ以上民間移管すべきではない等。
◯一般会計補正予算案
市職員の給与を削減。消費税引き上げに対する市民のくらしを守る施策が不十分。国家戦略に伴う大型公共事業に偏重した予算編成。特区関連施策の推進ではなく、市内中小企業支援施策が必要等。

予算代表質問 午後5時頃 大貫憲夫議員
◯地方自治に対する認識について
◯予算編成の基本的な考え方について
◯カジノIR・総合型リゾートについて
◯地球温暖化対策実行計画改定素案について
◯東アジア文化都市事業について

◎ほっとラインNo.406はこちらをご覧下さい。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP