トピックス

2014年2月27日

【予算特別委員会】古谷やすひこ議員が病院経営局審査で質問

コスト最優先ではなく市民最優先の市民病院の再整備を

病院経営局審査で質問する古谷やすひこ議員 横浜市議会では27日から新年度予算特別委員会の局別審査が始まり、最初に行われた病院経営局の審査では、古谷やすひこ議員が日本共産党を代表して質問しました。

市民病院では再整備事業が進みはじめています。市民病院の「再整備基本計画の骨子」では、「新病院の目指す姿」として、政策的医療の拠点、災害医療、地域医療の人材育成などが挙げられています。

古谷議員は、これらの政策的医療には一般会計からの繰り入れを行うこと、現場の職員の力が十二分に発揮できる環境を整えること、国の医療政策に対して不具合な点についてはきちんともの申すことを求めました。また、稼げる医療分野へのシフト、不採算部門の縮小、住民サービスの低下、職員の雇用・勤務条件の悪化などにならないように、コスト最優先ではなく市民最優先の市民病院の経営を強く要望しました。

城病院経営局長は、基本的に公立病院は独立採算が原則だが、診療報酬などの経営に伴う収入を当てることが適当でない経費、経営に伴う収入のみを当てることが客観的に困難である経費等は一般会計を繰り入れることができるとされており、病院の効率的な経営が前提となるが、必要なものは明確な基準に基づいて繰入をお願いしたいと答弁。国に対しては、全国自治体病院協議会や全国公立病院連盟などを通じた要望行動や、市単独での要望など、引き続き必要な行動をとっていきたいと答えました。

一部の民間病院では経済的に困っている市民に対して無料低額診療事業が行われていますが、市民病院では行われていません。古谷議員は、経済困窮している市民の受療権を保証する取り組みを実践するよう求めました。

城病院経営局長は、経済的に困窮している患者に対しては高額療養費や生活保護等の各種制度の案内、診療費の分割払いに応じるなど、患者に寄り添った対応をしていきたいと答えました。

◎質問と答弁はこちらをご覧ください。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP