発行物

2014年3月18日

FAXNEWS ほっとライン No.413(2014年3月18日)

ほっとラインNo.4132014年度予算特別委員会では20日、第1・第2委員会合同で市長出席の上、総合審査が行われます。
日本共産党からはあらき議員が質問にたちます。質問時間は11分と短いですが、局別審査での答弁を踏まえ、市民のくらしを守る立場から、鋭く質問します。
なお、総合審査は直接傍聴ができません。

3月20日(木)「総合審査」あらき由美子議員
◯子育て・教育について
・就学援助について:生活保護基準の引き下げに合わせて就学援助の基準を引き下げるのは、政令市では横浜市ほか少数です。
・学校図書について:「はだしのゲン」を学校図書館で見れなくしてはならない! その視点で質問します。
・学校給食について:全国8割の中学校で行われている給食を横浜でも! 局別審査での古谷議員の質問に続いて、食育基本法、学校教育法の立場から、市長に実施を迫ります。
・小児医療費について:小児医療費助成が小1までなのは県内の19市では横浜と川崎だけに。横浜でも年齢引き上げを!

◯障害者の就労支援について:障害者の就労支援センターにおける正規職員を増やし、障害者が自立して生活するための手立てを 等

◎ほっとラインNo.413はこちら(PDF)をご覧下さい。

 

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP