トピックス

2008年10月2日

河治民夫議員が健康福祉局審査で質問

経済的負担の軽い多床型特養ホームの整備を

質問する河治民夫議員 横浜市会2007年度決算特別委員会では10月2日、健康福祉局関連の審議が行われ、河治民夫議員が日本共産党を代表して介護保険とホームレス支援について質問しました。

 特別養護老人ホームの待機者は07年度決算で4,501人、前年度比で536人増え、一層深刻です。特養ホームは1部屋に複数のベッドがある多床型(居住費平均で1日447円、月1万3,410円)と個室式のユニット型(同1日2,862円、月8万5,860円)があり、横浜市は2003年度からユニット型に限定して整備を進めています。一方、「ユニット型の特養は費用が高くて入れない人が多い」と指摘するケアマネージャーもいます。
 河治議員は、国がユニット型・多床型で補助金を区別しないとしていることからも、「経済的理由から多床型を希望する人のために、川崎市のように本市でも多床型も整備すべき」と述べました。
 これに対して佐々木副市長は、市全体の入所定員の7割が多床型であることから「現時点では整備の必要性は低い」と答えました。

 また、保険料未納者に対して給付制限などの罰則主義ではなく、保険料の引き下げや減免制度の充実など、きめ細やかな対応で介護サービスを保証することが求められると主張したほか、決算額が減少した福祉用具貸与や介護保険外サービスについて質問しました。

河治議員の質問と当局答弁はこちらをご覧ください。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP