発行物

2015年2月17日

FAXNEWS ほっとライン No.434(2015年2月17日)

hotline434予算議会開催中です。20日には、現年度議案に対する討論と採決、会派の代表者による予算に対する質問が行われます。

現年度議案反対討論 白井まさ子議員 午前10時過ぎ
主な反対討論内容(予定)
○「横浜市子ども・子育て支援事業計画の策定」
保育の質の確保、市立園の民間移管加速などの点で問題あり。
○「第6期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定」
高齢者が安心して暮らせる福祉計画になっていない、法で改悪された介護保険制度を補うものとなっていないなど。
○「横浜市企業立地等促進特定地域における支援措置に関する条例の一部改正」
大企業誘致への財政的支援は地域経済の振興につながらず、厳しい市財政の中で見直すべき。

予算代表質問 大貫憲夫議員 午後4時30分頃
主な質問内容(予定)
○市長の市政運営について
予算編成の基本的姿勢、経済政策、まちづくりについて、優等生的にアベノミクスを進める林市長の姿勢を質す。
○平和問題について
新年度に設置される国際局の基本理念。戦後70年を迎えるにあたって、最大政令市として平和問題を全面に打ち出すことの意義など。

インターネットテレビ「JCP横浜チャンネル」はこちらをご覧ください。

◎ほっとラインはこちら「

」(PDF)をご覧下さい。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP