発行物

2015年2月20日

FAXNEWS ほっとライン No.435(2015年2月20日)

ほっとライン予算議会開催中です。24日には、新年度予算関連議案に関する質問が行われます。

新年度予算関連議案関連質問
あらき由美子議員 午後4時頃

主な質問内容(予定)
○横浜の経済活性化について
  中小企業向けの施策拡充と関連予算の増額について。
○中学校給食の実施について等
  神奈川県の中学校完全給食実施率は全国最低の25%であるが、その原因が横浜市での未実施にあることについて。
中学校給食実施により、低所得世帯の生徒が生活保護や就学援助で援助されることについて。
就学援助制度認定基準を生活保護基準引き下げ前に戻すことについて。
横浜型配達弁当の導入準備に1億8000万円(新年度予算)かけても、300~400円で満足できる弁当が持続的に注文されるか極めて疑問のため、この際、完全給食実施に踏み切るべきではないか。
◯保育職場で働く職員の労働条件の改善について
  保育職場での非正規労働、長時間労働、低賃金の実態について。
国からの保育士への処遇改善補助金によって、実際に職員給与はどのようにあがるのか。補助金が確実に職員に届いているのか市としてどのようにチェックするのか。
市立保育所の非正規職員を正規雇用に、民間保育施設の給与水準を引き上げるために市独自助成額を引き上げる考えについて。

◎ほっとラインはこちら「ほっとライン No.435」(PDF)をご覧下さい。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP