発行物

2018年11月13日

カジノシンポに220人 国政予算要望に参加 -こんにちは18.11.14号

こんにちは18.11.14横浜にカジノはいらない!!カジノ問題シンポジウムに220人

 11月3日、日本共産党横浜市会議員団(9人)は「横浜にカジノは本当に必要か」と題するシンポジウムを開催。会場いっぱいの220人以上が参加しました。パネリストとして、大門みきし参議院議員、県弁護士会の松岡泰樹弁護士、古谷やすひこ市議、カジノ誘致反対横浜連絡会の菅野隆雄事務局長が発言。会場からは8人が発言しました。
 大門参議院議員は、安倍政権がカジノ推進に明け暮れる背景には、アメリカのカジノ資本の圧力などがあると指摘。カジノをつくらせないためには地元でのたたかいが重要だと強調。「地方選挙でカジノ推進派を通させないことと、首長に同意させないたたかいが必要。全国の闘いと連携して頑張りたい」と語りました。

国政に市民の声を届ける 国政予算要求交渉に参加

 日本共産党神奈川委員会は12日(月)、来年度国政予算要求交渉を行い、外務、防衛、文部科学、国土交通、厚生労働、農林水産等8省へ要請しました。はたの君枝衆院議員、あさか由香参院選挙区、しいばかずゆき参院比例をはじめ県内の党地方議員など69人が参加しました。要望は500項目以上にのぼります。党市議団からは、あらき由美子団長、古谷やすひこ副団長、かわじ民夫、北谷まり、宇佐美さやか各議員が参加(他の4人は公務のため欠席)。高宮みち子(泉区)、植木まりこ(栄区)、明石ゆきお(金沢区)、蓮池ゆきお(磯子区)の各氏も参加しました。

◇週刊ニュース「こんにちは」は、原則として毎週水曜日発行です。PDF版は下記からダウンロードして、ご自由にお使いいただけます。なお、ご使用の場合には市議団までご一報いただけると幸いです。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP