発行物

2021年1月26日

なぜコロナ対策に集中しないのか IRカジノ事業者の公募開始に抗議 こんにちは2021.1.27号

こんにちは全市  21.1.27

1月21日、横浜市は、IR実施方針を公表し、IR事業者公募を行うことを発表しました。
事業者公募は、2月5日から開始し、夏頃事業者を選定するとしています。

コロナ禍にもかかわず、多数の市民の反対を承知しておきながら

日本共産党横浜市議団(9人)は、同日に団長声明を発表し、「コロナ禍にもかかわらず、多くの市民が反対していることを承知しておきながら、誘致にむけて一度も市民の審判を受けることなく、粛々と手続きを進める市長の今回の判断にたいして、怒りを込めて強く抗議いたします。市民は、市長の独断専行と住民自治否定を認めることはありません。カジノNOの市政実現にむけた市民の運動が、夏の市長選挙に向けてスタートしています。党市議団も全力を尽くします」と表明しました。

IRカジノ事業者からの第二次提案(追加コンセプト提案=RFC)の概要公表 アジア系5社だったことが判明

同日、横浜市が昨年10月~12月にIR事業者に行った追加RFC(コンセプト提案募集)の実施概要が公表されました。これは、コロナ禍や国会議員のIR汚職を受け、IR事業者にどのような対策をとるのか等を聞き取るものです。
応じたIR事業者は、①ギャラクシー(香港)②ゲンティン(マレーシア)③SHOTOKU株式会社(日本)④セガサミー(日本)⑤メルコリゾーツ(香港)の5社で、第一次に応じた米国ラスベガス2社は提案せず撤退したと言えます。

PDFはこちらです。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP