発行物

2012年12月18日

FAXNEWS ほっとライン No.372(2012年12月18日)

 2012年第4回定例議会が11月29日から12月25日までの予定で開催中です。20日には、一般質問が行われます。
 多くの皆さんの傍聴をお待ちしております。

主な質問項目は、次の通りです。

主な質問内容(予定)
1.市内で使用中の歴史教科書の記述間違いの是正について
  現在8区の中学校で使用中の自由社版の歴史教科書は多くの間違いや不適切な記述が指摘されているが、国や発行者である自由社が是正措置をしておらず、子どもたちは間違った教科書を使っています。市として正誤表などを配布するとともに、自由社に訂正版の発行、国に是正勧告するよう求めるべきではないか。
2.本市での再生可能エネルギーの普及促進について
  電力会社による再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度が導入されたのに伴い、福岡市では積極的に普及に取り組んでいる。本市は2020年度までに戸建住宅の50%、集合住宅の30%に太陽光パネルを設置するとしているが、現状は程遠い。再生可能エネルギー普及促進に向けての市長の認識と具体策はどうなっているか。
3.道路予算の使い方の転換について
  中央自動車道笹子トンネル天井落下事故は、安全よりもコスト削減を優先した結果である。本市でも一般道路や橋梁などの維持・管理に莫大な費用がかかるにも関わらず、横浜環状道路北西線などの建設計画がある。高速道路の建設をやめて一般道路等の維持・管理にこそお金をかけるべきではないか。
4.鶴見工業高校跡地の活用促進について
  旧市立鶴見工業高校跡地に建設予定の特別養護老人ホームの計画はどうなっているか。旧グラウンドを、本格的な活用までの間、地元町内会からも要望があるように地元住民に解放すべきではないか。

12月25日 議会最終日
 岩崎ひろし議員が議案等に対する反対討論を行う予定です。

ほっとラインNo.372はこちら(PDF)をご覧下さい。

  • 2017年 市民要望アンケート

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP